気まぐれペダンティック

めっちゃ留年してる大学生のブログ

ゆゆ式原作を追わなくなったゆゆ式好きの話

 

ゆゆ式が好きだ。

 

縁ちゃんはかわいいし、3人の会話を通じて伝わってくる友情が愛おしいし、TLに流れてくるゆゆ式絵にはいいねを乱発するし、縁ちゃんはかわいいし、普段引きこもってばかりのくせに昨年12月に行われたゆゆ式展には朝一で並んだし、青空のつくりかたは神曲だし、縁ちゃんはかわいい三上小又先生の描く縁ちゃん以上に可愛いキャラクターを俺は知らない。

 

と、ザ・ゆゆ式ファンですみたいなツラしてる俺だけれど、実のところゆゆ式の原作はもうほぼ追ってない。

 

アニメ1期放送時から入ってゆゆ式の虜になり、BDbox、OVAを買い、並行して原作も楽しんできた。けれど、最近のゆゆ式原作は会話のハイコンテクスト具合があまりに極まりすぎているせいか、俺には難解すぎてスムーズに読めないし、面白いと思えなくなってしまった。

連載1回分の数ページをじっくり読むならまだしも、単行本1冊を読み通すのはもはや苦行である。まあ無理して読むのも違うしなあ、ということで単行本を買うのをやめてしまった。掲載誌であるきらら本誌も、他のお気に入りの連載作品が次々と終了したこともあり、現在は買っていない。漫画喫茶で見かけたときに読む程度である。

 

今後原作にふたたび興味が向くとすれば、3年生への進級や卒業を迎え、別れの時が近づいた3人にどのようなドラマが起きるのか……みたいなところだけど、それをゆゆ式に求めるのも違うかもしれないなあ、と思ったり。

 

最近はむしろ、ゆゆ式ファンの方々による二次創作の方により楽しませてもらっている。絵のみならず漫画の二次創作を見かける機会がこの一年くらいでかなり増えたのだけれど、原作よりも会話のハイコンテクスト具合が抑えられている傾向にあり(アニメ1期頃の水準を踏襲していることが多い気がする)、個人的にはこちらの方が面白いと感じている。

 

自分の中の二次創作と原作の優先順位が逆転してしまっていることもあり、ゆゆ式ファンを名乗るにはちょっといびつな状態であるなあ、と感じている。もっとも、◯◯のファンであるかどうかにこだわるなんていうのは、物事の楽しみ方としては間違っているだろう。アニメ・ゆゆ式は間違いなく俺にとって大切な作品だし、「原作は嫌いだけどアニメは好き!(またはその逆)」みたいなことは他の作品でも往々にして起きることだ。『ゆゆ式のアニメが好きで、原作も途中までは好きだったけど、最近はビミョー』それでいいではないか。これからも、ゆゆ式というコンテンツを応援しつつ、楽しめる部分を楽しんでいきたいと思う。